保険診療

「虫歯になっても、削って治療をすればよくなる」と考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、虫歯の部分を削り取り、硬い金属の詰め物・かぶせ物をすると、何だか以前よりも丈夫になった感じがしますよね。
しかし、残念なことに、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。

お口の中は皆様が想像しているよりもかなり過酷な環境に置かれています。
冷たいものが入ってきたと思ったら熱いものが入ってくる。硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合う・・・・。
このような過酷な環境下では、「歯」と「詰め物・かぶせ物」の間には目で確認できないほどの小さな隙間がどうしても生じてしまいます。そこから虫歯菌が侵入し、虫歯が再発することになります。

そして、一度、治療した歯を再治療する際には、以前よりも虫歯が広がっていることになるので、さらに大きく歯を削る必要があります。
この再治療のサイクルを繰り返すことで、最終的には削る歯もなくなり、抜歯、そして入れ歯の流れをたどることとなってしまいます。

このようなことから、「いかに歯を削る量を少なくする」「いかに再発させなくする」かが、患者さんのお口の健康を守る私たちの使命となります。
当院では、次のことを行う事で、歯を削る量を最小限に抑える工夫をしております。

口腔内環境がある程度整ったら虫歯治療を行います。虫歯の治療時には出来る限り痛みの出ない方法を選択します。
さらに麻酔時の不快な圧力痛を軽減する為に、針を刺す場所、麻酔液を入れる圧力や速度に最大限の配慮をしています。
また当院では、残せる歯を極力残し、削る量も最小限にして、出来る限り自分自身の歯で楽しい食生活を送っていただけるよう細心の注意を払っています。
なお、治療後に用いる詰めもの、被せものについては、患者さんにご説明した後に一緒に選びます。


歯周病治療

歯周病は、実は多くの方がかかっている病気です。初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気づかれるケースが大半です。虫歯治療を行う前に歯石を除去し、マッサージをかねたブラッシングを行い歯ぐきからの出血を減らします。

本当は恐い歯周病

口腔外科 (インプラント)

立川デンタルクリニックすずきのインプラント

では、具体的に当医院のインプラントシステムのご説明をします。

 CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を把握できる特殊な撮影装置です。
インプラント治療においては、様々なリスクが存在します。そのリスクをできるだけ少なくするためには、事前に、より正確な状態を把握することがとても大切になります。
従来のレントゲンでは見えなかった事、分からなかった事が、歯科CT撮影(シーティースキャン)なら正確な診査と診断ができ、患者さんの安全性とインプラント治療のクオリティーを高めることが可能となります。

また、このCT画像を利用することで更に「安全」「確実」な治療が実現できるようになりました。

インプラントを成功させる為に一番重要な事は、いかに正確な情報を手術前に取得できるかにかかってきます。これを可能にしてくれるツールが歯科CT撮影です。

歯科CT撮影を簡単に説明すると、今までは実際に手術をし、歯ぐきを切開してみなければ分らなかった事が、手術前に正確な診断ができることが特徴的です。骨の厚さや血管・神経の位置などですね。

これらが事前に分ることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。どの部分にどのサイズのインプラントを埋入するだとか、ここには血管・神経が走っているので、避けてインプラントを埋入しようなどです。

CTを活用することで次のようなメリットを享受できるようになりました。


メリット1. 事前に十分な説明ができる
メリット2. 確実性の向上
メリット3. 安全性の向上

当院の、インプラント手術における考え方

今や、どの歯科医院でもインプラントの看板を掲げていますので、インプラント手術を受けることは簡単です。しかし、患者さんが安心して治療をうけられる歯科医院を探すのは難しいのではないでしょうか?

費用面に関しての情報はホームページや医院に問い合わせればわかる部分ですが、安心・確実に関しての情報は、一般の方には判断することはなかなか難しいかと思います。そこで、その医院が「どのような思い」で治療を行っているかを知ることがあなたに適した歯科医院を探す1つの指針になると考えます。

当院では事前に十分な説明を行い、患者さんにとって最も良い方法を提案します。もしかしたらインプラントを勧めないかもしれません。しかし、それが最善と思われる方法を提案するのが当院の考え方です。

矯正歯科

この時期に歯が生え変わり始めるので、アゴが適正な大きさに発達していないと歯はきれいに並ぶことができません。

歯並びのことで気になったら、まず当院にご相談ください。

小児矯正、成人矯正、部分矯正など歯ならびの事でご不安なことはご相談ください。

部分矯正 : 30,000円〜
全額矯正 : 250,000円〜

予防歯科

虫歯を削り、金属の詰め物・かぶせ物をすれば、何だか以前よりも歯が強くなった感じがしますよね。

しかし、残念ながら、歯は削れば削るほど弱くなっていきます。

言い換えると、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなります。
せっかく治療した歯なのだから長く、快適に活用したいですよね!
そのためには、定期的(3カ月〜6カ月毎)に歯科医院でのメインテナンスが非常に効果的です。

また当院ではその人にあった歯ブラシの選び方、ハミガキ粉の選び方についても相談を受けています。
薬局にたくさんある歯ブラシ、どれを選べばいいの?という方、お気軽にご相談ください。

なぜ予防歯科は必要か?

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです。
小さなお子さんであれば、虫歯が1本もないお口の環境をつくることが可能ですし、成人の場合、治療した部分の再発予防、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。残念ながら、毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロのケアがあなたの将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのです。

欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。
最近では予防やメインテナンスの重要性を理解されている患者さんも多くなってきました。しかし、「痛くなければ行かない」「治療の必要性はわかっているんだけど・・・」という方も多数いらっしゃいます。
皆様に予防歯科の必要性を理解してもらい、メインテナンス後のスッキリ感を経験してもらえればなと思います。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

メタルフリー

日本においては、ほとんど全ての歯科治療を保険で受けることができます。
しかし、保険診療では治療に用いることができる歯科素材に制限があり、虫歯治療においてはほとんどのケースで金属が用いられます。

保険診療は費用負担が少なくてすむというメリットがありますが、金属を用いることが多いため、患者さんの肉体的・精神的な負担という点において多くのデメリットが報告されているのも事実です。そのようなデメリットを避け、治療を受けられる方の負担をできるだけ軽減できる治療法です。

肉体的な負担:金属アレルギー

金属を使用することの最も大きなデメリットは、金属アレルギーを引き起こす可能性があるということです。
保険で使用が認められている金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金の方が発症のリスクは高いのですが、自由診療で用いられるコバルトクロムやチタンなどでもアレルギーが起こる可能性が全くないというわけではありません。
金属アレルギーがご心配な方は、非金属素材を用いる治療を受けられることをおすすめしております。

歯に詰めたり被せたりした金属は、時間が経つとお口の中でさび、金属イオンが溶け出します。体内に入った金属イオンに対して免疫反応が起こると、アレルギー症状が現れます。

歯科素材によるアレルギーについて

近年、皮膚科や内科では歯科素材(金属・レジンなど)によるアレルギーが重視されており、日本歯科大学附属病院口腔アレルギー外来を始めとして、歯科と皮膚科、内科が連携してアレルギー症状に対処している病院が増えております。 歯科素材によるアレルギーは、必ずしもお口の中に症状が出るとは限らないため、ご自身がアレルギーに気づかれていないこともあります。歯科治療を受けてから皮膚などに異変が起こるようであれば、口腔アレルギー外来などを受診されることをおすすめします。

スポーツマウスガード

オリジナルのマウスガード

スポーツにおける口内事故を防ぎ、身体能力を100%発揮する為には、一人一人の歯型に合わせ、しかも噛み締める為の歯型が付与されたオリジナルマウスガードが必要です
スポーツにおける怪我は、入念な準備と適切なプロテクターの使用によって、回避もしくは軽減することができます。各種スポーツの競技人口が増えると共に、プロテクターも普及、進化してきました。
当院では、学会の指定講座を受講した医師が、オーダーメイドでマウスガードを作成します。

脳に多大な悪影響を与える脳震盪などの防止・軽減を図ります

マウスガードは、プレーヤー同士・ボールなどとの衝突による、歯の破折・唇や頬の裂傷・顎骨の骨折・脳震盪などの防止・軽減を図ります。
脳震盪は、記憶力・計算脳力減退や人格異常など脳に多大な悪影響を与える事があります。厄介な事に、一度起こすと繰り返しやすくなる傾向があります。

****** 噛み締めのための歯型が付与されたマウスガードは、下顎の位置が瞬時に補正されて、脳震盪を緩和します。******

◆ マウスガードにより、強い瞬発力・集中力を生み出す

更に、適正なマウスガードを咬み締めることにより、強い瞬発力・集中力を生み出すといわれており、多くのコンタクトスポーツプレーヤーをはじめ、ゴルフ・乗馬・サーフィンなどでも装着するプレーヤーが増えています。最近では、トップアスリートも、筋力アップ・集中力アップのために試しています。

高校生・大学生・実業団・プロといったカテゴリーのプレーには、その激しさ、精緻さにおいて、マウスガードの必要性はとても高いものがあります。
二度と生えてこないお子さんの歯を守って
しかし、小学生・中学生といった歯も骨も成長途中のプレーヤーに、上記の重症傷害が起これば、その後の機能回復には多大なストレスがかかると共に、保護者にとってもつらい事となります。二度と生えてこないお子さんの歯を守ってください。
そこで、児童・生徒においては学校歯科のもと、EVAマウスガードを使用した単色のマウスガードを用意しました。もちろん、噛み締める歯型が付与されています。

◆ チームでお揃いのマウスガードも好評です

 尚、来院していただくほかに、団体作製には、歯型を取るための訪問診療も行えますので、ご相談ください。チームでお揃いのマウスガードも好評です。

◆ 現在スポーツマウスガードの装着が義務化されているスポーツ

ボクシング
日本アマチュアボクシング連盟

キックボクシング
新日本キックボクシング協会

空手
全日本空手道連盟(流派、大会による)
極真会館( 登録医のみ )

アメリカンフットボール
日本社会人アメリカンフットボール協会

ラグビー
日本ラグビーフットボール協会(関東医歯薬リーグ、高校生の装着が義務化)

アイスホッケー
日本アイスホッケー連盟(年齢条件あり)

インラインホッケー
日本アイスホッケー連盟(U20選手)

ラクロス
日本ラクロス協会(女子選手)

◆このほかスポーツマウスガードが推奨されるスポーツ

格闘技系
レスリング・柔道・相撲・その他

球技・団体競技系
フィールドホッケー・バスケ・サッカー・ハンドボール・テニス・水球・綱引き・野球・ソフトボール・ゴルフ・その他

個人競技系
モータースポーツ・体操・トランポリン・アクロバット・スキー・スノボー・スケボー・スカイダイビング・ハンググライダー・馬術・乗馬・ジェットスキー・サーフィン・ボウリング・砲丸投げ・槍投げ・射撃競技など

パフォーマンス ¥25,000〜 外傷予防 ¥8,000〜

未成年の方・学生クラブ関係の方は特別価格にてご相談承ります
お気軽にご相談下さい